ドラマ未解決の女のキャストやあらすじは?内容ネタバレや原作の紹介も!

今も昔も刑事ドラマって
愛されていますよね。

いわゆるバディものが大人気ですが、
今回、新たな女性バディが誕生します!

波瑠さん演じる肉体派刑事と、
鈴木京香さん演じる頭脳派刑事の
最強タッグから目が離せない!

新作ミステリードラマについて
ご紹介いたします!

この記事は、2018年4月春ドラマ
「未解決の女 警視庁文書捜査官」について

  • ドラマ概要
  • あらすじ紹介と内容ネタバレ
  • キャスト紹介
  • 原作紹介

という内容でご案内いたしますので、
是非チェックしてください!

スポンサーリンク

「未解決の女」とは?

ドラマ、未解決の女とは、
角川書店から発売している小説、
「警視庁文書捜査官」を原作とする
ドラマです。

肉体派の刑事と、頭脳派の刑事の
最強タッグが、文書から
事件のカギを見つけて謎を解く、
本格ミステリーです!

脚本は大森美香さん!
この方は朝ドラの「あさがきた」の
脚本家さん!

波瑠さんとは2度めのタッグです!
これは高視聴率が期待できますね!

ドラマ
「未解決の女 警視庁文書捜査官」は、

2018年4月9日(木)の午後9:00から
テレビ朝日系で放送開始!

「未解決の女」のあらすじ紹介!内容をちょっとネタバレ!

ドラマの鍵となるのは、
警視庁の「文書捜査官」

彼らの仕事は、文書から情報を引き出し、
捜査への糸口を発見することです。

主婦の何気ない買い物メモから、
家族の人数や、記念日用の買い物だった
などという情報を引き出したりします。

そんな文書捜査官の中でも
ひときわ優れている女性がいます。

それが、鈴木京香さんが演じる、
鳴海理沙です。

彼女は、一見なんの変哲もないメモから
「何故こういう風に書かれたのか」
判断する能力に長けていて、

それが新たな捜査の糸口へと
つながっていくのです。

彼女や、彼女のいる第6係に
飛び込んでくる様々な事件を、
文書捜査という観点から解決していくのが
この物語のキモとなっていきます。

「未解決の女」のキャスト紹介!

矢代朋役 波瑠さん

原作小説では「矢代朋彦」という
男性キャラクターです。
が、ドラマ版では「矢代朋」と名前を変え、
肉体は熱血女性刑事として登場します。

波瑠さんが演じる「矢代朋」は、
体力と柔術には自信のある、
体育会系の刑事さんです!

燃える正義感と直感を武器に、
なりふり構わず奔走する、
とにかく捜査は身体!という刑事です。

クールなイメージの強い波瑠さんが
熱血キャラを演じるということで
注目が集まっています!

鳴海理沙役 鈴木京香さん


体力派、肉体派のバディといえば、
頭脳派ですよね。

ミステリードラマでは常連の
鈴木京香さんが演じるのは、
文章や文字から、その人の性格や思考を
ズバリと推理する、
「文字フェチ」の文書捜査官

対人関係が苦手で、「人より文字が好き」
という浮世離れした性格をしています。
どう見ても正反対な性格をしている
矢代とは何かが通じ合うようで
やがて最強のバディへと成長していきます!

そして、追加キャストとして、
彼女らを取り巻く男性陣のキャストが
発表されました!

イジワルな室長は沢村さんが演じる!

古賀清成役 沢村一樹さん


沢村さんが今回演じるのは、
意地悪な腹黒男(笑)
演技が幅広い彼ですが、腹黒キャラを
演じるのは久しぶりなのだとか。

古賀は、朋と理沙が所属している、
特命捜査対策室の文書解読係を
敵視する室長です。

意地悪っぷりを彼がどう表現するのか
楽しみですね…!

朋&理沙の仲間たち

「倉庫番」と揶揄されている、
特命捜査対策室第6係には、
ユニークなメンバーが登場します。

二人ご紹介!

草加慎司役 遠藤憲一さん

「倉庫番のフランケン」こと、草加を
演じるのは、遠藤憲一さん。
彼は、足をつかった我慢強い捜査をいとわない、
無口で愚直な刑事です。
遠藤さんのコワモテにぴったり?(笑)

財津喜延役 高田純次さん


「倉庫番」の係長、財津を演じるのは
高田純次さん。

財津は、「テキトー男」と呼ばれるほど
のらりくらりと仕事をしている男ですが、
たまにメンバーをハッとさせるような
鋭い感性と観察眼を見せつけます。

高田さんにぴったりの役どころですね!

高田さんご本人もたまに
「テキトーすぎますよ!(笑」って
言われてますもんね。
名言集がまとめられているくらいです。

「夢の中でのオレは、いつもモテてるんだ」
「パリは寒い時に行くとイイよ。行ったことないけど」

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2141096412620231801

てきと~~^^

 

ライバル部署、警視庁捜査一課の花形
「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係刑事役!

川奈部史役 光石研さん

光石研さんが演じるのは、
ベテランの風格を漂わせるエース格の刑事。

岡部守役 工藤阿須加さん


川奈部と同じく第5係のメンバー。
第6係を見下しながらも、
朋に淡い恋心を
抱いていく刑事役を演じます。

淡い恋心を抱く役どころ多くないですか^^

事件の行方だけでなく、
警視庁の中での人間関係も
楽しみなドラマですね!

スポンサーリンク

「未解決の女 」の原作は?

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」の
原作は、麻見和史さん原作の、
「警視庁文書捜査官」という小説です。

原作も面白そう!

原作シリーズは3作品発売されています。

主人公は男性ですので、
「未解決の女」というタイトルは
ドラマオリジナルのものですね。

物語は複雑ですが、
謎解きや推理などが交互に
出てくることで、
テンポよく読み進めることが出来ます。

ドラマとあわせて、
原作も楽しんでみてくださいね!

浅見さんは警察小説が多いのですが、
今までドラマ化されたものが、何作品か
あります。

  1. 2015年に『石の繭』
  2. 2016年に『特捜7 銃弾』『水晶の鼓動』

この3作品ですね。
どれもテンポよく、スリリングに描かれています。

詳しくはこちらからどうぞ^^

⇒【新品】連続ドラマW 石の繭 DVD

主演は木村文乃さん!
そういえば、少し前はロングでしたね!

最後に一言!

原作では男性のところを
女性が演じることって、
ドラマではよくあることですが、
原作ファンはどう思っているのか
気になりますよね~

何で女にするんだ~という意見もちらほら
ありましたが、作者さんがこのことに
関してツイートしていました。


なるほど、警視庁での女VS男という構図!
これはドラマ版ならではの味が
楽しみになってきましたよ!

スポンサーリンク